エソメプラゾールを主成分としたネキシウムは胃酸の分泌を抑制して、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療や逆流性食道炎に伴う痛みや胸やけなどを改善させるための薬であり、プロトンポンプ阻害薬に分類されています。
以下においてこのプロトンポンプとは何かということを含めネキシウムの効果について挙げていきます。

プロトンポンプは胃酸の分泌に関与しているものですが、具体的には胃の粘膜にある壁細胞という部分で胃酸の分泌が行われる最終過程においてカリウムイオンを取り込んで水素イオンを放出させるといった働きをしているのがプロトンポンプです。
すなわち胃酸分泌過程において最終的にプロトンポンプが働くことによって胃酸分泌が活性化されることになります。
そもそも胃酸は胃の内容物を消化させるためには必要不可欠です。
胃酸が過剰に分泌されると胃粘膜の損傷や胃酸の逆流で食道粘膜を損傷することに繋がり、結果として胃潰瘍や逆流性食道炎を引き起こしやすくなります。

これに対してエソメプラゾールを成分に含むネキシウムの作用効果は、上記で挙げた胃酸分泌過程におけるプロトンポンプの働きを阻害することによって胃酸分泌が抑制されるため胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎に伴う胃痛や胸やけといった消化管症状の改善もしくは再発抑制効果を発揮していきます。
このような作用機序からネキシウムがプロトンポンプ阻害薬に分類されている所以となっています。

またネキシウムの効果については他にも、胃酸分泌を抑制して胃内のpHを上昇させることによって抗菌薬の抗菌作用が高められます。
例えばヘリコバクター・ピロリ菌に対する除菌治療でも効果に寄与する可能性のある薬として補助的に用いられることがあります。
なおプロトンポンプ阻害薬であるネキシウムは他の胃酸分泌抑制作用を持つ薬剤と比較して強力な抑制効果があり、作用発現時間がプロトンポンプ阻害薬の中では比較的早いものであり、その抑制効果も長時間持続するという特徴があります。

ネキシウムの服用方法

このようにネキシウムは強力な胃酸分泌抑制作用で治療効果を発揮していく薬となっています。
そして適用する際における服用方法については、カプセルタイプであるネキシウムには10mgと20mgの2種類がありますが、服用方法が疾患もしくは目的に応じて分けられており異なる点があります。
具体的には胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療の補助など各々の治療目的に応じて用法、用量が異なります。
したがって疾患や目的に応じた服用方法について以下に挙げていきます。

まず胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの場合では通常、成人では1回20mgを1日1回服用しますが、持続的に服用する期間は基本的に胃潰瘍では8週間、十二指腸潰瘍では6週間までとなっています。
次に逆流性食道炎では通常、成人では1回20mgを1日1回服用していきますが、持続的な服用期間は胃潰瘍の場合と同様に8週間までとなっています。
なお再発や再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持であれば1回10mg~20mgを1日1回服用することになります。

一方、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌補助を目的とする場合には通常、1回20mgをヘリコバクター・ピロリ菌の治療に用いられる抗菌薬など2種類の抗生物質と同時に1日2回、7日間に渡って服用していきます。
なお除菌治療に際して抗菌薬などの抗生物質が変更されることがありますが、その際にもネキシウムは1回20mgと用量は同じになっています。

その他にも非びらん性胃食道逆流症の場合においては通常、1回10mgを1日1回、4週間までの服用となっています。
非ステロイド性抗炎症薬の使用もしくは低用量アスピリン使用時における胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発抑制を目的とする場合には、それぞれ1回20mgを1日1回服用していくこととなっています。